読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ce.note

小さい会社のカスタマーサポートエンジニアのメモ

Windows Liveメールから添付ファイルが開けない

windows security

Windows Liveメール、サポート終了してしまいました。
でも問い合わせは続きます。

メールの添付ファイルを開こうとするとエラーがでて表示できない。
一度デスクトップに保存すると開ける。

f:id:kamonabesan:20170214192412p:plain

メモリまたはディスクの空き容量が不足しているため、ドキュメントを開いたり、保存したりできません。

・不要なブックやプログラムを終了して、メモリの空き容量を増やしてください。
・ディスクに保存されている不要なファイルを削除して、ディスクの空き容量を増やしてください。

 今回はExcel 2013をご利用の場合。

サンドボックス内のデータとしてみなされてしまうということだと思います。

原因

Microsoft Excel の保護ビューが有効になっている可能性

対策

Excel 2013を開く [ ファイル ] - [ オプション ]

f:id:kamonabesan:20170214192857p:plain

f:id:kamonabesan:20170214193039p:plain

[ セキュリティセンター ] - [ セキュリティセンターの設定 ]

f:id:kamonabesan:20170214193143p:plain

f:id:kamonabesan:20170214193228p:plain

[ 保護ビュー ] 項目の上のふたつあたりが関係しているのかも。

f:id:kamonabesan:20170214193329p:plain

□インターネットから取得したファイルに対して、保護ビューを有効にする
安全でない可能性がある場所のファイルに対して、保護ビューを有効にする

 

本来であれば悪意のあるファイルを送りつけてきたものに対する防御策なので
安易にチェックを外すことはあまりおすすめできませんが
以前と同様に使いたい、利便性を落としたくないという方のための措置ということで。

参考

Office 2013 で保護されたビューの設定を計画する