読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ce.note

小さい会社のカスタマーサポートエンジニアのメモ

ショートカットを管理者権限で実行

f:id:kamonabesan:20170208205308p:plain

○○○○は管理者権限のある状態で実行してください。

管理者権限なのに!と思いますがUACの影響なのでしょう。
面倒でも右クリックの管理者として実行 を押します。

f:id:kamonabesan:20170208205242p:plain

面倒臭いので決めたショートカットは強制管理者で実行できるようにしたい。

今回はリアライズさんのNetEnumで検証します。
ちなみにNetEnumは「ねっといなむ」と読むそうです。

今日まで脳内で「ねっとえぬむ」と読んでました。

やり方

目的のプログラムを右クリック → プロパティ → 互換性

f:id:kamonabesan:20170208205451p:plain

こんな便利なものがあったんですね。すみません、気付きませんでした。

参考

technet.microsoft.com

Cisco C841M-4Xを初期化

 

f:id:kamonabesan:20170207084405p:plain

普段あまり使わないCiscoのルータを触る機会があったのでメモ。
Ciscoは簡単にはいかなかった。

supportforums.cisco.com

こちらの手順に書いてあるとおり

custmer-config.txt をダウンロード
拡張子を削除
USBメモリに保存
Reset5秒押しの再起動
完了

がどうしてもうまくいかず。USBメモリファイルシステムの指定?

結局わからず最終的に
電源OFF
Resetボタンを押したまま電源ON

で初期化されたよう。アドレスも初期値の10.10.10.1になってる。
初期パスワードは cisco/cisco 次回ログイン時に強制変更。

まだ触り立ててさっぱりわからないのでこれからまた検証してみます。

ねずみにLANケーブルをかじられるとこうなります

ネットワークに接続できない棟があると相談を受けて対応。
問題の棟のみが接続できない。

外部または社内のサーバやルータまで到達できない。
PC上でわかることはこの建物から外に出れないということ。
ということは建物間の中継ケーブル。

問題のケーブルは確かにリンクアップしていない。
途中で断線してしまったのだろうかと引っ張ってみるとスルスルと抜けてくる。

f:id:kamonabesan:20170124181748j:plain

まさかのねずみ。おいしいんだろうか。
成端し直して無事疎通が確認とれました。
遊び持っといてよかった。でも次食べられたら配線し直しですよ。

セキュアチャネルの破損

f:id:kamonabesan:20170124174657p:plain

このネットワーク リソースを使用するアクセス許可がない可能性があります。アクセス許可があるかどうかこのサーバーの管理者に問い合わせてください。

 とか

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

 とか。

この手のエラーはサーバ側のほうでNETLOGONのエラーがでているのを確認とれればとりあえずドメイン抜け後の再参加でだいたい解決する。

ただしActiveDirectory環境を把握しているかadministratorのパスワードが必要となる。

原因を調べてるとフォーラムにも情報があるようなのでメモしておきます。

このワークステーションとプライマリ ドメインとの信頼関係に失敗する | Microsoft TechNet フォーラム

blogs.technet.microsoft.com

 

今回はドメイン参加クライアントに対して別クライアント(または複合機等)からデータが送信できないという問題。

通常起動とWindowsログオンは問題なかったのでスムーズにいったけれども
ドメインログオンができない場合だとローカルログオンが必須になる。
キッティングのときにローカルログオンの情報を残しておかないとあとで困るという罠もあるので気をつけないといけない。

ローカルログオンはcomputername\localuser でログイン可能。

Windows環境でiPhoneに好きな着信音を設定する 転送編

f:id:kamonabesan:20170122205407p:plain

windows環境でiPhoneに好きな着信音を設定します。

ようやく音源ができたので、あとは実際に転送してみます。

手順

iPhoneをパソコンとつなぐ
ミュージックをクリック。

f:id:kamonabesan:20170122205751p:plain

メニューを編集。着信音を表示させるようにします。

f:id:kamonabesan:20170122205702p:plain

着信音がメニューに表示されます。

f:id:kamonabesan:20170122205913p:plain

着信音には何も入っていないので先程作成したyumemirukujira.m4r をドラッグ&ドロップします。

f:id:kamonabesan:20170122210239p:plain

とりあえず1曲いれたので、となりのデバイスマークをクリック

f:id:kamonabesan:20170122210344p:plain

左側のメニューから 着信音 を選択肢、着信音を同期します。
すべての着信音を転送するなら「すべての着信音」でもOK。

f:id:kamonabesan:20170122210518p:plain

下にある、適用ボタンを押して転送させてみます。

f:id:kamonabesan:20170122210614p:plain

iPhone側で確認してみます

設定 - サウンドと触覚 - 着信音

f:id:kamonabesan:20170122211503p:plain

オープニングの上の方に着信音が増えた。
ということでお好きな着信音でお楽しみにくださいませ。

Windows環境でiPhoneに好きな着信音を設定する 作成編

f:id:kamonabesan:20170122180211p:plain

windows環境でiPhoneに好きな着信音を設定します。

まだ準備のできていない方はこちらから。

kamonabesan.hatenablog.com

早速audacityで先程ダウンロードした夢見るクジラを開いてみます。
iOSで認識できるのは40秒なので40秒以内にカットします。

f:id:kamonabesan:20170122180722p:plain

赤ラインのところが40秒ラインだとわかります。
これは0秒から40秒ですが、別に好きなところで切ってもOK。
Iボタンで範囲指定できるので切りたい所を選択し、編集 - 削除(または切り取り)
試しに聞いてみるとブツッと切れてしまいます。

f:id:kamonabesan:20170122181021p:plain

のでもうちょっとスマートに終了できるように、フェードアウトを入れます。

Iボタンの範囲選択で、終了の5秒前程度から終了まで範囲選択して
エフェクト - フェードアウト を選択

f:id:kamonabesan:20170122181452p:plain

フェードアウトすると

f:id:kamonabesan:20170122181526p:plain

こんなふうになったら、試しに聞いてみます。
少しは自然な終了になってるでしょうか。
これをAAC(m4a)で保存します。

ファイル - オーディオの書き出し。
FFmpegの設定が終わっていないとAAC形式で保存できません。

f:id:kamonabesan:20170122181937p:plain

保存先はお好みでわかりやすいところに。後ほどiTunesで転送します。
メタデータもお好みで設定します。

f:id:kamonabesan:20170122182308p:plain

無事保存先に、yumemirukujira.m4aができました。

これを、iPhoneへ着信音として転送できるように拡張子を変更します。
リネームで、m4rに変更します。例)yumemirukujira.m4r

これで作成完了です。次は転送します。

kamonabesan.hatenablog.com

Windows環境でiPhoneに好きな着信音を設定する 準備編

f:id:kamonabesan:20170122180032j:plain

iPhoneにしてから着信音がまわりとだだカブり(デフォルト)なのを防ぎたいという欲求からあちこち検索してまわったことのまとめ。
好きな音源40秒以内なら着信音などに指定できるようなので早速試してみます。

 

環境

Microsoft Windows10
iOS10.2

必要なもの

手順

Audacityをインストール
ダウンロードしてインストールするのみで迷う選択肢は無し。

AAC(m4a)に変換しなければならないのでFFmpegをいれておく。
audacity - 編集 - 設定

f:id:kamonabesan:20170122173313p:plain

ライブラリ - FFmpeg ダウンロード を選択

f:id:kamonabesan:20170122173501p:plain

http://manual.audacityteam.org/man/faq_installation_and_plug_ins.html#ffdown

ここらへんに飛ばされるので FFmpeg download page をクリック

f:id:kamonabesan:20170122173731p:plain

ダウンロードのページに飛ぶのでffmpeg-wn-2.2.2.zip をダウンロード
lameじゃなくて、ffmpegです。

f:id:kamonabesan:20170122173851p:plain

ffmpeg-win-2.2.2.zip をダウンロードして、解凍します。
解凍後は、audacityインストールフォルダにコピー。

C:\Program Files (x86)\Audacity

f:id:kamonabesan:20170122174550p:plain

audacityに戻り 編集 - 設定 - ライブラリ から場所を選択します
avformat-55.dll へのパスを求められるので、Audacityffmpeg-win-2.2.2内にある
avformat-55.dllを指定。

f:id:kamonabesan:20170122174813p:plain

とりあえずこんなふうになっていれば準備は完了。

f:id:kamonabesan:20170122175111p:plain

好きな音源を探してきます。
フリー素材を今回は利用します。

amachamusic.chagasi.com

癒し カテゴリから 夢見るクジラを選びました。かぜのさかなかな。

ダウンロードが終わったら準備完了です。次は転送用データを作りましょう。

kamonabesan.hatenablog.com